彼のオートバイ、彼女の島















手元に、一冊の本があります

片岡義男

「彼のオートバイ、彼女の島」













この本を手にしたのがいつなのか

今となっては

正確には分かりません

ただ

この本を読んだ事で

1台のバイクに巡り合えたのは事実です

























f0264029_336122.jpg

撮影機材、撮影日時、不明 






















カワサキのGPZ400Sと言うバイク

たぶん不人気車だったと思います(笑)

当時、GPZ400「R」が絶大な人気を博していましたから...
















分かることは

当時、この小説を読んで

「自分はカワサキのバイクに乗るんだ!!」

と思っていたこと

片岡義男の世界にはまり込んだこと












ロマンチストだったのですかねぇ~若い頃のワタシは(苦笑)(汗)(^^;)


























あれから20数年

なんの因果か

ちっちゃいのですが

またバイクに乗っています

少し違うのは

ロマンとかじゃなくて

「必要に迫られて」

乗っているってことです























f0264029_344303.jpg

CANON EOS KISS DIGITAL X
SIGMA ZOOM 18-50mm 2.8EX DC























なんの縁か

同じカワサキ...













久しぶりのこの本を読み

主人公が通ったであろう

信州の「浅間山の見える道」

自分も通ったことがあったことを知りました

ちょっと感動しました













感動ついでですが

今のバイクの購入のきっかけってのが

僕自身が決めたのではなく

妻と子供が勧めてくれたって言う事実














ぶっちゃけ、自分はスクーターでよかったのです

でも子供が見つけ

妻に勧められた

これって

縁なんでしょうか?

なんかの縁、なんでしょう
























登場実物の彼女の故郷

瀬戸内海の島へ

行ってみたいです(^^)























撮影地 京都市右京区京北町にて

にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村
[PR]
by r31142 | 2014-06-29 13:56 | プチツーリング | Comments(4)
Commented by ぴのぴな at 2014-06-29 20:56 x
na-ohさん、こんにちは。
たびたびコメントを書きます。

自分は小説は読んでいませんが、映画を見ました。
(確か、原田知世さんのお姉さんが主役でした)
叡山電鉄「一条寺」駅前に「京一会館」という映画館があって、
確か6本立てで大半がカドカワ映画でした。
(今はパチンコ屋さんになっています)
自分も、昔のことを思い出しました。
Commented by ken at 2014-07-05 21:00 x
なつかしいですね片岡義男、学生の時に角川の赤い本を
ほとんど読みました、あこがれてましたねあの世界
車はステーションワゴン、彼女、海のドライブ、ドライマテイニー・・・
Commented by r31142 at 2014-07-06 11:47
ぴのぴなさんこんにちわ。
たしか、主人公役は竹内功だったと思います。
今からは想像も出来ない好青年でした(爆)
一乗寺は嫁の実家なんでよく行きますが、映画館が
あったらしいですね、聞いたことがあります。
Commented by r31142 at 2014-07-06 11:50
kenさんこんにちわ。
そうですよね、青臭い昭和の古きよき時代です。

出来れば、あの頃に戻ってみたいです(笑)
<< 「家主」 美山牛乳の里 >>